2014年01月20日

うつ病の薬の副作用

薬の副作用でよく起こるのがうつ病で、抗うつ薬はうつ状態を改善する効果がありますが、約8割近くの人が副作用を感じます。
口の渇き、便秘、鼻づまり、排尿困難、動悸、目のかすみなど、様々な薬の副作用をきたします。
また、薬の副作用で、眠気や全身の倦怠感、体重増加などもしばしば起こり、うつ病は中々改善されません。
そうなると薬に対する不信感が募り、薬の副作用が現れるたび、うつ病はもう治らないのかと不安になります。
尿の量が少なくなったり、喉が乾いた感覚を覚えたりするのが、うつ病の薬の代表的な薬の副作用になります。
あまりにも薬の副作用を心配すると、かえってうつ病の症状が悪化して、回復までの期間が長くなってしまいます。

薬の副作用というのは、薬の種類によって多少の違いはありますが、抗うつ薬は少なくても2〜3週間は服用しないといけません。
薬の副作用で心身の不調が感じられるときでも、自己判断で勝手に薬を減らすと、うつ病に対する効果は半減します。
三環系抗うつ薬はもっとも作用が強い抗うつ剤で、薬の副作用として、強い口の渇きや、排尿困難、眠気、だるさなどが表れます。
うつ病治療の薬は、薬の副作用が色々ありますが、セロトニンだけに作用するSSRIは比較的副作用は少ないです。
但し、吐き気など消化器への薬の副作用が出ることはよくあり、飲み始めが特につらい症状が出ます。
そうした場合、薬の副作用を少なくするため、うつ病の人は、胃腸の保護薬を合わせて処方してもらうことです。

薬の副作用をうつ病の人は過剰に心配しますが、副作用が一番少ないSSRIであればある程度安心です。
そのため、うつ病を改善するには、薬の副作用を恐れず、服用を中止しないで医師に相談する必要があります。
また、うつ病で前立腺肥大症を持っている人が薬を使うと、排尿困難などの薬の副作用が出る場合があります。
しかし、自己判断で薬物治療を中断すると、うつ病に対する効果が現れないので、薬の副作用を過度に心配すると逆効果です。
posted by ももたろ at 11:33| Comment(0) | 健康 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。