2014年02月02日

爪の水虫とパルス療法

爪の水虫の治療をしている私の治療法は、「バルス療法」というものです。
爪の水虫のことをほとんど知らなかった私にとって、この「バルス療法」は新しく聞く名前でした。
そもそも、私は「爪の水虫」というものを自分がなるまで知らなかったのです。
「水虫」というと足の指にできると考えられがちですが、爪にできるのが「爪の水虫」なのです。
爪の水虫には色々な治療の仕方があります。
爪の水虫は、その名の通り爪にできる水虫のことです。
クリアネイルの上からでも爪の水虫を治すことができる方法はアメリカ産まれで、向こうではよくこの方法がとられています。
もちろん、子供にだって爪の水虫はうつりますし、子供がなったらかわいそうですよね。

爪の水虫の薬は通販などでも販売されています。
爪の水虫をやすりで削る方法は、私も「やってみたい」と思いました。
でも、私が勧められた爪の水虫の治療法は「バルス療法」というものでした。
爪の水虫を治すための「バルス療法」とはどんな治療なのでしょうか。
私は爪の水虫を治すために皮膚科へ行きましたが、そこの医師にも「かなり有名な治療法ですよ」と言われました。
爪の水虫は、白癬菌というものがタオルなどを通して繁殖し、人にうつるものです。
爪の水虫を治すバルス療法は、一週間薬を服用して三週間休み、再び一週間薬を飲むというやり方を数回繰り返すもの。

爪の水虫を治すために、私はバルス療法を続けています。
爪の水虫の怖いところは、なんと言っても「人に感染する」ということです。
これは、爪の水虫にかなり有効な方法だと言われています。
爪の水虫を退治するための方法はたくさんありますが、その中でもバルス療法はかなり有名な治療方法の様です。
そんな風に、爪の水虫が成長してしまわないうちに何とか治してしまいたいものですし、私はバルス療法で治していますが、早く治らないかなと思っています。
爪の水虫を退治して、早く健康な爪を取り戻したいです
posted by ももたろ at 11:46| Comment(0) | 健康 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。