2014年02月04日

爪の水虫体験日記


私も日記やブログを見て感じたことなのですが、爪の水虫になる人のほとんどが水虫を経験しているみたいです。
皮膚科にもらった飲み薬を使って、何とか爪の水虫を治したいと思っています。
爪の水虫になってしまってから、私は不安な日々を過ごしています。

爪の水虫で苦しんでいる人は、本当にたくさんいるのだということがブログや日記の数で解ります。
そのうちにどんどん爪が黒くなり、そこで初めて爪の水虫に気づきました。
もっと早くに病院に行っていればよかったのですが、何せ爪の水虫が悪化してから行ったので治療には時間がかかるそうです。
爪の水虫の治療が長くなれば、それだけ治療費もかかってしまいます。
実際、私は爪の水虫を治すためにかなりの費用がかかってしまっているのです。
もっと早いうちから爪の水虫について知っていればよかったのですが、何の知識もなかった私は「ちょっと爪が白いな」で済ませてしまっていました。
爪の水虫以外にも巻き爪などに良いといわれている病院を紹介してくれたり、そこはちょっとしたコミュニティになっています。
そんな爪の水虫に悩む人たちの日記には、耳よりな情報がたくさん掲載されています。
例えば、爪の水虫の薬の中で市販品のおすすめを紹介してくれるところがあります。
地域の情報だと、京都市や札幌市の評判の良い爪の水虫を診てくれる皮膚科などを掲載しているブログもあります。
子供や赤ちゃんに爪の水虫なんて、他人事ながらとても悲しくなっていまいます。

爪の水虫の治療をしている私は、治った時のことを考えて予防のことも考えています。
手や指に爪の水虫ができてしまうと、本当にみっともないのだということが解ったからです。
爪の水虫の予防に必要なことは、とにかく「水虫」にならないことなのだそうです。爪の水虫になってしまった私は、今皮膚科に通っています。
実は、爪の水虫になった私も水虫経験者なので、治ったらなるべく足を乾燥させて、水虫を防ぐ努力をするつもりです。
もう二度と爪の水虫にならない様、頑張りたいと思います
posted by ももたろ at 12:33| Comment(0) | 健康 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

爪の水虫薬


爪が白いなとは思っていましたが、私はまさかそれが「爪の水虫」だなんて思いませんでした。
私が「これは爪の水虫だ」と気づいたのは、インターネットに掲載されていた画像がきっかけです。
そこにある写真を見て、「これは爪の水虫だ」と気づくことができたのです、
何とか爪の水虫を治すために、私は皮膚科に駆け込みました。
私は結婚していて妊娠もしたいですし、そのために一刻も早く爪の水虫を治したかったのです。
そこで、私は医師の診察を受けながら爪の水虫の薬について調べてみました。
塗る薬では「マイコスポール」が有名で、爪の水虫用の外用薬として広く知られています。
一日も早く、爪の水虫を治したい。
「爪が白いな」で気づいた爪の水虫ですが、時間がたつと黒く変色することもあるのだそうで、早めに気づいて良かったと思います。

爪の水虫の薬について調べています。
爪の水虫の薬はたくさんありますが、体調に心配がある人などは医師の診察を受けた方が良いと思います。
そしてオーストラリア原産の素材で作られた爪の水虫用の薬、「ティーツリー」。

爪の水虫の薬は本当にたくさんあるのですね。
これはオイルに含まれている成分が、爪の水虫の原因である白癬菌を退治してくれます。
販売されている爪の水虫の薬の中では、「ブテナロック」が有名で、薬局でよく見かけます。
通販で買うことができる爪の水虫の薬で有名なのは「ラマストン」という薬で、この薬は実際に体験した人から「効果がある」という声が上がっています。
ひとつでも多く、爪の水虫の治し方を知っておきたいと思ったからです。
爪の水虫について相談にのってくれる皮膚科は、大阪、東大阪、名古屋、京都市など全国にあります。
「自分に合った爪の水虫の治療法が知りたい」と思われる方は、皮膚科に相談してみるといいでしょう。
大切な家族に爪の水虫をうつさないためにも、気づいたらなるべく早く治療をする様にしましょう。
爪の水虫は放っておいて良くなることは絶対にありません
posted by ももたろ at 11:46| Comment(0) | 健康 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

爪の水虫とパルス療法

爪の水虫の治療をしている私の治療法は、「バルス療法」というものです。
爪の水虫のことをほとんど知らなかった私にとって、この「バルス療法」は新しく聞く名前でした。
そもそも、私は「爪の水虫」というものを自分がなるまで知らなかったのです。
「水虫」というと足の指にできると考えられがちですが、爪にできるのが「爪の水虫」なのです。
爪の水虫には色々な治療の仕方があります。
爪の水虫は、その名の通り爪にできる水虫のことです。
クリアネイルの上からでも爪の水虫を治すことができる方法はアメリカ産まれで、向こうではよくこの方法がとられています。
もちろん、子供にだって爪の水虫はうつりますし、子供がなったらかわいそうですよね。

爪の水虫の薬は通販などでも販売されています。
爪の水虫をやすりで削る方法は、私も「やってみたい」と思いました。
でも、私が勧められた爪の水虫の治療法は「バルス療法」というものでした。
爪の水虫を治すための「バルス療法」とはどんな治療なのでしょうか。
私は爪の水虫を治すために皮膚科へ行きましたが、そこの医師にも「かなり有名な治療法ですよ」と言われました。
爪の水虫は、白癬菌というものがタオルなどを通して繁殖し、人にうつるものです。
爪の水虫を治すバルス療法は、一週間薬を服用して三週間休み、再び一週間薬を飲むというやり方を数回繰り返すもの。

爪の水虫を治すために、私はバルス療法を続けています。
爪の水虫の怖いところは、なんと言っても「人に感染する」ということです。
これは、爪の水虫にかなり有効な方法だと言われています。
爪の水虫を退治するための方法はたくさんありますが、その中でもバルス療法はかなり有名な治療方法の様です。
そんな風に、爪の水虫が成長してしまわないうちに何とか治してしまいたいものですし、私はバルス療法で治していますが、早く治らないかなと思っています。
爪の水虫を退治して、早く健康な爪を取り戻したいです
posted by ももたろ at 11:46| Comment(0) | 健康 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。