2014年02月02日

爪の水虫とパルス療法

爪の水虫の治療をしている私の治療法は、「バルス療法」というものです。
爪の水虫のことをほとんど知らなかった私にとって、この「バルス療法」は新しく聞く名前でした。
そもそも、私は「爪の水虫」というものを自分がなるまで知らなかったのです。
「水虫」というと足の指にできると考えられがちですが、爪にできるのが「爪の水虫」なのです。
爪の水虫には色々な治療の仕方があります。
爪の水虫は、その名の通り爪にできる水虫のことです。
クリアネイルの上からでも爪の水虫を治すことができる方法はアメリカ産まれで、向こうではよくこの方法がとられています。
もちろん、子供にだって爪の水虫はうつりますし、子供がなったらかわいそうですよね。

爪の水虫の薬は通販などでも販売されています。
爪の水虫をやすりで削る方法は、私も「やってみたい」と思いました。
でも、私が勧められた爪の水虫の治療法は「バルス療法」というものでした。
爪の水虫を治すための「バルス療法」とはどんな治療なのでしょうか。
私は爪の水虫を治すために皮膚科へ行きましたが、そこの医師にも「かなり有名な治療法ですよ」と言われました。
爪の水虫は、白癬菌というものがタオルなどを通して繁殖し、人にうつるものです。
爪の水虫を治すバルス療法は、一週間薬を服用して三週間休み、再び一週間薬を飲むというやり方を数回繰り返すもの。

爪の水虫を治すために、私はバルス療法を続けています。
爪の水虫の怖いところは、なんと言っても「人に感染する」ということです。
これは、爪の水虫にかなり有効な方法だと言われています。
爪の水虫を退治するための方法はたくさんありますが、その中でもバルス療法はかなり有名な治療方法の様です。
そんな風に、爪の水虫が成長してしまわないうちに何とか治してしまいたいものですし、私はバルス療法で治していますが、早く治らないかなと思っています。
爪の水虫を退治して、早く健康な爪を取り戻したいです
posted by ももたろ at 11:46| Comment(0) | 健康 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

爪の水虫とは

爪の水虫に気がついたのは、何だか爪の色がおかしいなと思ってからです。
爪の水虫の症状は、爪の色が濁ったように白く変色していること、太さが増すなどの症状が挙げられるそうです。
だって、爪の色が変わったから「爪の水虫」なんて誰が気がつくでしょうか。
自分じゃ判断できませんでしたが、私は爪の水虫の症状をしっかりと持っていたのです。
病院で「爪の水虫」の診断を受けたのは、それから数週間が経過してからのことです。
やはり爪の色が気になり、病院へ行ってみたら「爪の水虫」という診断が下りたのです。
そして、爪の水虫を放っておくと次第に痛くなってくるそうなので、そうならないうちにお医者さんに行って、本当に良かったと思いました。
「え、爪の水虫って何なの」という状態でした。

爪の水虫という名前から察するに、「爪にできる水虫」のことなのだろうとは思っていましたが、まさか爪に水虫ができるなんて誰が思うでしょうか。
爪の水虫というのは、やはり「爪にできる水虫」のことだそうです。
それまで爪の水虫なんて全く知らなかった私は、「疲れているから爪の色が変わっているんだろう」くらいに思っていました。
何だか様子がおかしいな・・・と思いつつ、知識の無い私は爪の水虫を放置してしまいました。
「爪の水虫」という名前を聞いて、もっと早くに病院へくれば良かったと思いました。
医師いわく、「爪の水虫の診断は普通の人が見ても付けられないことが多い。だから、爪がおかしいと思ったらみせに来てください」ということだそうです。
確かに、ちょっと白くなっているくらいじゃ「爪の水虫」なんて思いません。
爪の水虫の恐ろしいところは、「感染症」だというところです。
私の場合は誰にも爪の水虫がうつってはいない様ですが、もう少し発見が遅かったらと思うとゾッとします。
爪の水虫の原因は「白癖菌」という菌だそうで、これはタオルなど他のものを通して増えていくそうで、つまり、爪の水虫はうつるのです。
そんな私に、医師は爪の水虫について解説をしてくれました。
今は、爪の水虫が一刻も早く治る様に祈るばかりです
posted by ももたろ at 11:33| Comment(0) | 健康 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

思春期の月経不順



月経不順を訴え、医師の診察を受信する若い女性の多くはとてもスリムで美しいのだとか。
そのためにも、自分が月経不順ではないだろうかと少しでも感じたら、まずはブログやサイトで情報収集してみましょう。
昔は、こうした思春期や更年期の月経不順は、それほど心配する事はないと言われていました。
なぜなら、自然現象とも言える月経不順だったからです。

月経不順と言っても、体の成長とともに改善するもの、それが以前の思春期の月経不順でした。
月経不順は放置しておくと不妊症に繋がる確率が非常に高いため、きちんとした治療をし、改善しなければなりません。
更年期の場合は月経不順からやがて無月経になり、閉経を迎える訳ですが、思春期のうちに生理が無くなってしまうというのです。
又、わが子が月経不順であるという親からの相談も増える一方のようです。
他にも激しい受験戦争に勝ち抜くための精神的なストレスや肉体的な疲労による月経不順も少なくはないようですが、圧倒的なのが極端な体重減少だと言われています。
月経不順の原因がダイエット、ちょっと意外なような気もするかも知れませんが、紛れもない事実です。月経不順は今や国民的病気の一つとも言えるほど、悩んでいる若い女性が増加しています。
中には彼女の悩みが月経不順であるという事をすぐに察する先生もいるそうです。
事実十代で月経不順に悩む人のブログやサイトは随分増えています。
そんな若い女性の月経不順、その原因の大半は無理なダイエット。
今や思春期の月経不順には危機感を持たなければならない時代なのです。
勿論、月経不順もなり始めなら、生活習慣や美的感覚の見直しによって改善する事が可能な場合もあるそうです。
しかし、こうした月経不順は閉経前の所謂更年期にも見られる症状で、大抵の原因は初経直後と同様、卵巣の働きやホルモンのバランスが定まらないために起こる症状です。
そして、自分が月経不順であると思ったら、すぐに病院へ行きましょうね
posted by ももたろ at 11:33| Comment(0) | 健康 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする