2014年01月22日

月経不順の原因


生理を起こすためにはある程度の体脂肪が必要で、それが不足すると月経不順になるそうですね。
つまり、月経不順は生活の乱れを表しているというのです。
勿論、月経不順は様々な婦人病の警告サインでもあります。
決して安易に自己診断をし、勝手に月経不順に効くと言われるサプリや漢方を使ってはいけません。
それで又整理が来出し、リズムが整えば月経不順は一先ず改善です。
けれど、一度なると案外治りにくく厄介なのが月経不順です。

月経不順は将来不妊の原因となる事が多いので、まずはならないような日常生活を送る必要があります。
最近では無理なダイエットによる月経不順というのが大きな問題になっています。月経不順の原因はストレスや体調不良などが多く、中には生活習慣病の一つだと指摘するドクターもいるようです。
つまり、生理があっても妊娠出来ない身体、そんな鬱陶しいだけの状態を招かないようにするためにも、月経不順にならないようにしなければなりませんね。
例え月経不順であっても、たまに生理がある間はまだいいのですが、十代でもう無月経という人も結構いるようですよ。
それに何より、月経不順の最もイヤナその後、赤ちゃんが産めない体になってしまいます。
それでも、あなたは月経不順になりたいですか、とある女医さんのブログに書かれていました。
他にも何でもないように感じる日常生活の影響を受け月経不順になる事がおおいので、まずはその辺りについての知識を習得しておくといいでしょう。
月経不順はきちんと治療すれば大抵は治るそうですが、それでも無排卵を生じる可能性があると言われます。
月経不順がしばらく続いた後、無月経に入り、閉経を迎える、そう、これは完全な更年期のパターンです。
月経不順に関するブログやサイトには、そうした日頃から自分で出来る予防対策なども沢山紹介されています。
月経不順を招かないためのいい参考になると思いますよ
posted by ももたろ at 12:33| Comment(0) | 健康 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

月経不順とは


だとしたら、月経不順は国民的婦人病という事になりますね。
勿論本人は自分が月経不順だと思い込んでいる場合が殆どなのだそうですけどね。
ですから、月経不順はある程度自分で改善する事も可能なのだそうです。
そもそも月経不順とは、生理が定期的に来ない事、あるいは生理の量や日数が毎回大きく異なる事をいうそうです。
しかし、生理の周期や日数はもともと人によって大幅に違うので、必ずしも月経不順と決めつける必要はないと聞いた事があります。
今一度、月経不順について、きちんと勉強してみてもいいのではないでしょうか。

月経不順だと思っている人の大半は、生理周期を目安に自分で決めつけているようです。
月経不順のエキスパートとも言われるような専門家からの情報やアドバイスも沢山紹介されています。
では、本当の月経不順というのはどのような症状がでるのでしょうか。
中でも目立つのが、生理が終わった翌日から次の整理が始まる日までを数えて、その日数の身近さから月経不順だと思ってしまうパターン。
これは、きちんと数え直せば月経不順ではない事がすぐに判明します。
ただし、これは整理が始まった日から次の整理が着た日までの日数で、この計算方法を勘違いして月経不順だと思い込んでいる人が案外おおいのだそうです。

月経不順の最も多い症状は、毎回定期的に整理が来ない事で、2ヶ月位なかったかと思うと、1ケ月もしないうちに来たりするのが典型的な症状です。
しかし、月経不順というのはちょっとしたストレスや日常生活の乱れなどで突然発症する事も少なくないと言われています。
ところが、大きな勘違いをしている人も少なくないそうですよ。
そのためには、生理の原理と月経不順との関係についてしっかりした知識を持つ事が大切になりますね。
月経不順について学習するなら、まずはいろいろなブログやサイトを見る事でしょう。
しかし、みんなが月経不順の目安としている生理周期は人によってかなりの幅がありますよね
posted by ももたろ at 11:33| Comment(0) | 健康 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

うつ病の薬の副作用

薬の副作用でよく起こるのがうつ病で、抗うつ薬はうつ状態を改善する効果がありますが、約8割近くの人が副作用を感じます。
口の渇き、便秘、鼻づまり、排尿困難、動悸、目のかすみなど、様々な薬の副作用をきたします。
また、薬の副作用で、眠気や全身の倦怠感、体重増加などもしばしば起こり、うつ病は中々改善されません。
そうなると薬に対する不信感が募り、薬の副作用が現れるたび、うつ病はもう治らないのかと不安になります。
尿の量が少なくなったり、喉が乾いた感覚を覚えたりするのが、うつ病の薬の代表的な薬の副作用になります。
あまりにも薬の副作用を心配すると、かえってうつ病の症状が悪化して、回復までの期間が長くなってしまいます。

薬の副作用というのは、薬の種類によって多少の違いはありますが、抗うつ薬は少なくても2〜3週間は服用しないといけません。
薬の副作用で心身の不調が感じられるときでも、自己判断で勝手に薬を減らすと、うつ病に対する効果は半減します。
三環系抗うつ薬はもっとも作用が強い抗うつ剤で、薬の副作用として、強い口の渇きや、排尿困難、眠気、だるさなどが表れます。
うつ病治療の薬は、薬の副作用が色々ありますが、セロトニンだけに作用するSSRIは比較的副作用は少ないです。
但し、吐き気など消化器への薬の副作用が出ることはよくあり、飲み始めが特につらい症状が出ます。
そうした場合、薬の副作用を少なくするため、うつ病の人は、胃腸の保護薬を合わせて処方してもらうことです。

薬の副作用をうつ病の人は過剰に心配しますが、副作用が一番少ないSSRIであればある程度安心です。
そのため、うつ病を改善するには、薬の副作用を恐れず、服用を中止しないで医師に相談する必要があります。
また、うつ病で前立腺肥大症を持っている人が薬を使うと、排尿困難などの薬の副作用が出る場合があります。
しかし、自己判断で薬物治療を中断すると、うつ病に対する効果が現れないので、薬の副作用を過度に心配すると逆効果です。
posted by ももたろ at 11:33| Comment(0) | 健康 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。