2014年01月19日

漢方薬の副作用

漢方薬の副作用は、色々ありますが、その中でも多いのが胃腸症状で、吐き気や食欲不振、腹痛、下痢などが起こります。
こうした漢方薬の副作用は、地黄、当帰、川きゅう、山梔子、大黄、芒硝などが配合されている漢方薬でよく起こります。
一時的な吐き気や食欲不振が漢方薬の副作用でよく起こり、ニガミや臭い、胃粘膜への刺激による反射性のものが多い傾向にあります。
但し、このような漢方薬の副作用については、次第に慣れてくることもあるので、医師によく相談することです。
証に合わない漢方薬により、食欲不振、便通異常、不眠などの漢方薬の副作用が出ることはよくあるのです。
その他の漢方薬でも腸内細菌のバランスの変化で、漢方薬の副作用によって、下痢を起こすことがあります。

漢方薬の副作用については、胃腸症状のほかはめったに出ないのですが、甘草という生薬では、浮腫を生じたり血圧が上がることがあります。
特に、多量に含む芍薬甘草湯を長期服用すると、漢方薬の副作用を起こしやすいので、複数の方剤の長期併用は要注意です。
人によっては漢方薬の副作用で、アレルギー症状を起こすこともあるので、注意しないといけません。
発疹や肝機能の異常、あるいは膀胱炎のような症状となって、漢方薬の副作用が現れる場合もあります。
また、極めてまれなのですが、柴胡剤による漢方薬の副作用で、重い間質性肺炎や肝障害が出る場合もあります。

漢方薬の副作用は、証に合わない薬を飲んだ時に起きやすく、胃腸障害などが起きることがよくあります。
天然物のソバや牛乳にアレルギーがある人がいるのと同じく、体質によって漢方薬の副作用が出やすい傾向にあります。
服用中に異変が起こる人もいて、主な漢方薬の副作用としては、食欲がなくなったり、熱やじんましんが出ることです。
腹痛と下痢も漢方薬の副作用としてよく起こりますが、この場合、大黄もしくは芒硝による薬などで起こります。
漢方薬は安全で副作用がないと思っている人が多いのですが、実際は漢方薬の副作用はよく起こります
posted by ももたろ at 12:33| Comment(0) | 健康 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月18日

薬の副作用と発疹

薬の副作用で発疹が出ることはよくありますが、その診断や判別は、日常診療をおこなっている医師でも簡単なことではありません。
もちろん、発疹の場合、患者自身で薬の副作用を疑うことは難しく、あらかじめ説明を受けていないと気付きません。
自覚症状が薬の副作用の発見のきっかけになることも多いのですが、発疹は早期発見、早期治療が大事です。
自覚症状を理解しておくことは重要で、薬の副作用の場合、自覚症状、他覚症状、検査所見の異常が重要になります。
単独もしくはいくつかが組み合わさって症状を示している場合があるので、薬の副作用の判断は難しいです。
早期に治療を開始する事が大事で、それが薬の副作用の後遺症を軽くする事につながります。
それゆえ、発疹などの自覚症状がある場合、薬の副作用を懸念して、すぐに医師や薬剤師、看護師に相談することが大切です。

薬の副作用で認められる自覚症状としてよくあるのが、発疹、発熱、悪心、嘔吐、頭痛、咳、下痢などです。
他にも、かゆみ、しびれ、めまい、動悸、ふるえ、呼吸困難、むくみなどが薬の副作用としてよく起こります。
薬を使い始めてから、発疹や発熱、頭痛などが出てきた場合は、薬の副作用がかなり強く疑われます。
発疹は、ウイルスによる場合が多いのですが、薬の副作用で起きることも少なくないので、十分に注意しなければなりません。
また、稀なケースなのですが、重症の場合、薬の副作用が生命に関わることもあるので非常に怖いです。
初めて飲んだ薬で発疹を起こすことは少ないのですが、薬の副作用で一度発疹を起こした薬は二度と飲んではいけません。
薬が氾濫する今の時代、薬に頼りきって飲み続けると、薬の副作用として重篤な症状が出てしまいかねません。

薬の副作用で発疹を起こし、同じ薬を忘れて再び飲むと、身体はその薬を覚えているので、発疹の症状はより強くなります。
薬のアレルギー反応で皮膚に発疹が出来る場合は、明らかに薬の副作用なので、早目の処置が大事です。
posted by ももたろ at 12:33| Comment(0) | 健康 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月17日

子供の薬の副作用


薬は用量を守って通常の投薬を子供にしても、本来の効能以外に、予期せぬ薬の副作用が出ることがあります。
人体にとって不都合もしくは有害な薬の副作用が現れることは、子供の場合でも決して少なくありません。
異常薬物反応というのは、薬の副作用の9割程度を占めるので、子供の場合、特に注意しなければなりません。
免疫的なメカニズムを介して発症するのが薬剤アレルギーで、子供がよく起こり得る薬の副作用です。
ミノマイシンという薬は子供が薬の副作用を起こしやすく、この薬は、テトラサイクリン系の抗生物質になります。

薬の副作用で子供で注意しなければならないのは、現れる症状は大人とは違うということです。
小児科では、薬の副作用に十分注意しながら薬を出していますが、小児科以外の医院では子供に危険な薬を出している場合があります。
小児科医が子供に対して使ってほしくない薬があり、それはミノマイシンで、薬の副作用を引き起こしやすいです。
そのため、子供の薬の副作用については、薬剤アレルギーの知識を事前に整理しておく必要があります。
テトラサイクリン系の抗生物質は要注意で、8歳未満の子供に使用すると、薬の副作用を起こしやすいと言われています。
着色歯といって、薬の副作用として、子供の歯が黒っぽく変色することがあるので要注意です。
子供が乳歯のときに使っても、永久歯に色が付き、一生とれなくなるので、薬の副作用としては怖いです。
ミノマイシンを子供の頃に飲んだ後、数年しないと薬の副作用の症状が出ないので、知識がないとその因果関係がわかりません。
しかし、実際にこうした薬は、耳鼻科や内科などで案外気軽に使われているので、子供の薬の副作用には注意しないといけません。
他の薬が効かず、どうしてもこの薬を子供に使わなければならない場合は、親に着色歯などの薬の副作用を説明する必要があります。

薬の副作用で、大人の人で歯が黒っぽい人がいますが、これは子供の頃にミノマイシンなどのテトラサイクリン系の抗生物質を投与された影響です
posted by ももたろ at 12:33| Comment(0) | 健康 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。