2014年01月16日

妊婦が被る薬の副作用

薬の副作用というのは、誰しもに起こりますが、特に妊婦中の薬の危険度は大きいので注意しなければなりません。
同じ薬でも時期によって危険度がまったく違ってくるわけで、妊婦の場合、薬の副作用には注意しなければなりません。
一部の薬の使用により、妊婦は薬の副作用より、奇形の発現率が少し高まる場合があります。
妊婦が使用する薬で注意を要するのは、薬の副作用の強いエトレチナートで、これは催奇形性の強い国内屈指の薬です。
妊娠後期に入ると妊婦は、薬の副作用として、催奇形性の心配はなくなるのですが、薬によっては赤ちゃんの発育や機能に悪影響を及ぼします。

薬の副作用は、妊婦について特に懸念されますが、妊娠前に飲んでいた薬が、その後の妊娠や胎児に影響することはありません。
ほとんどの薬は1〜2日で体から排泄され、体に残ることがないから、継続しての薬の副作用は起こり得ないのです。
市販されるカゼ薬や鎮痛薬も同じですが、稀に特殊な例として、妊婦が薬の副作用に見舞われる場合があります。
妊婦で薬の副作用が起こりやすいのは、角化症治療薬のエトレチナートや、ニキビ治療薬のイソトレチノインです。
また、抗ウィルス薬のリバビリンや、抗リウマチ薬のレフルノミドなどは、薬の副作用が妊婦に懸念されます。
こうした薬で薬の副作用が出た場合、妊婦は医師から服用中止後、一定期間の避妊を申し付けられる場合があります。
大人になってから予防接種を受ける場合、薬の副作用防止として、約1カ月間避妊したあとに接種を受けます。
妊娠時期に着目して、妊婦は薬の影響について考慮し、薬の副作用に対して慎重に対処しなければなりません。
その後約2カ月間は妊娠しないように注意しますが、不注意で妊娠したとしても、薬の副作用に影響を与えるものではありません。
中絶を考慮するほどの危険性はなく、妊婦の薬の副作用は本当の風疹と違い、風疹ワクチンが胎児に影響することはありません。

薬の副作用で妊婦の場合、懸念されるのは、妊娠初期に風疹にかかると、赤ちゃんの心臓などに異常をきたすことです
posted by ももたろ at 11:46| Comment(0) | 健康 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月15日

ステロイド薬の副作用

ステロイド薬の副作用でよくあるのは感染症で、これはステロイド薬が白血球の機能を低下させることで起こります。
血糖値を下げる働きがあるインスリンの作用を阻害するため、血糖値が高くなってステロイド薬の副作用が起こるのです。
この場合のステロイド薬の副作用の治療には降圧薬を使用することで、症状を抑制します。
ステロイド薬の量が多くなるほど、ステロイド薬の副作用になりやすく、感染症が起こりやすくなります。
発熱、咳、息切れ、頻脈などの症状で、ステロイド薬の副作用であるかどうかを判断することができます。
とにかく、ステロイド薬の副作用としての自覚症状がある場合は、できるだけ早めに担当医に伝えなければなりません。

ステロイド薬の副作用で糖尿病が起こる場合、これをステロイド糖尿病と言い、よく起こり得ます。
ウイルスや細菌、微生物などの外敵と戦う力が弱まることで、ステロイド薬の副作用として感染症が起こりやすくなるのです。
日中の血糖値が高く、夕食後はあまり上がらないというのが、ステロイド薬の副作用の特徴になります。
大量の投与から1〜2ヵ月後に現れるステロイド薬の副作用で、程度が軽ければ食事療法をおこないます。
この場合のステロイド薬の副作用に対しては、インスリンを投与する方法もありますが、医師の指示に従って行動する必要があります。
糖尿病の遺伝素因がある人は、真性の糖尿病になるので、ステロイド薬の副作用に対してインスリン治療の必要があるのです。
程度が重い場合は、ステロイド薬の副作用として、薬物療法が必要になり、長い期間を必要とします。
こうしたステロイド薬の副作用の状態を易感染と言い、これにはインフルエンザ、肺炎、結核などがあります。
食事療法や運動療法が、糖尿病が現れるステロイド薬の副作用の対処に有効になります。
高血圧がステロイド薬の副作用で出るのは、ナトリウムを増やす作用の影響で、血圧を高めてしまうからです
posted by ももたろ at 11:33| Comment(0) | 健康 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

薬の副作用に関する報告

薬の副作用については様々な報告があり、薬事法の改正で治験中に治験依頼者が入手した様々な情報が報告されています。
日本では正式に、医薬品の使用者本人による薬の副作用の報告制度はないのですが、欧米の一部の国では報告制度があります。
平成15年7月から、医師主導の治験の制度が開始されていて、それが薬の副作用の報告に影響を与えています。
この場合、薬の副作用について、医薬品を使用した人が国に報告し、適切な措置につなげる方策について研究するようになっています。
治験計画届の提出を要しない場合は、薬の副作用の報告は、治験実施計画書の治験開始日から承認日もしくは開発中止届出の提出日までとなります。
今現在、薬の副作用の報告は、医薬品医療機器総合機構に対して、提出することとなっています。

薬の副作用の報告は、医薬品医療機器総合機構が情報整理をして、その状況を厚生労働省に報告することとなっています。
最近では、一般の人々からの薬の副作用の報告を受け付ける体制が整い始めていて、体制が変わりつつあります。
自ら治験を実施する者についても、薬の副作用の報告義務がかかってくるようになったのです。
薬事法施行規則で定められている薬の副作用の報告は、治験依頼者が知ったときから7日もしくは15日以内に厚生省に報告されています。
医薬品が正しく安全に使用されるには、使用者からの薬の副作用の報告を有効活用する必要があります。
厚生労働科学研究費補助金を受けて、使用者の薬の副作用の報告が実施されている状況です。
厚生労働省と医薬品医療機器総合機構が薬の副作用の報告に関与していて、厳しく報告は管理されています。
研究成果が参考とされることから、薬の副作用の報告については、報告システムの検証が重視されます。
また、厚生労働科学研究費補助金の規定で、重篤な薬の副作用報告された場合、報告内容を厚生労働省に報告することがあります。
研究で収集した薬の副作用報告の内容は、厚生労働省及び医薬品医療機器総合機構に提供することがあります
posted by ももたろ at 11:33| Comment(0) | 健康 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。